本文へスキップ

TEL. 06-6479-1910

〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53

会員交流会

  •  第5期会員交流会 メンバー募集開始!

     大阪発明協会では、知財担当者の人数が少なく、知財業務に関する議論をする相手が無いことでお悩みの会員企業様の便宜を図るため、2009年から会員交流会を開催しております。この交流会にご参加頂きますと、他社知財担当者と、業務上の課題、仕事の進め方等希望するテーマでの情報交換ができます。また、希望するテーマがあれば、国内弁護士や外国特許弁護士、弁理士、企業で活躍しておられる専門家などにご来訪頂き、無料講演会を開催することもできます。

     【交流会の運営】

     現在の会員交流会の運営は以下のように行っています。
    ・2ヶ月に1回程度、平日の14:00−17:00
    メンバーを固定し2年程度継続して行う。
    ・第一回の交流会で自己紹介して頂き、以下を相談。 自社紹介 ・自社の事業内容 ・発明者人口、知財担当者の人数、出願件数、登録率、課題など ・会の進め方、取り上げるテーマの相談
    ・リーダーは日本弁理士会近畿支部から弁理士の先生を派遣頂いています。
    ・活性化WGのメンバーが数名参加して助言しています。
    ・参加費は無料ですが終了後の懇親会は実費(4,000円程度、領収書有)となります。
    ・会場はパナソニックOBPビル(京橋)または大阪大学中之島センター(大阪発明協会入居ビル)となります。
    ・運営方法はメンバーでお話し合いを頂き決めて頂きます。

     【応募】

     6月30日までに、大阪発明協会へ下記申込用紙にてFAX(06-6479-3930)もしくはEメール(members@jiiiosaka.jp)にてお申し込み下さい。定員は30名です。
    ・やむを得ない場合を除き、交流会は第1回から最後まで約2年間、継続してご出席をお願いします。
    ・期間は平成29年7月〜平成31年3月を予定しています。

    ◆第5期会員交流会 募集案内・申込用紙
     
  • 【第4期会員交流会開催一覧】(電気機械G:19名・化学材料G:16名)
  •  ■第1回(H27.7.22)【電気機械グループ・化学材料グループ合同】
       内 容:参加者自己紹介  ※開催報告
     ■第2回(H27.9.9)【化学材料グループ合同】
       内 容:「事業における知財戦略:知財を事業収益のために役立てる方策」 ※開催報告
     ■第3回(H27.9.14)【電気機械グループ】
       内 容:「事業における知財戦略:知財を事業収益のために役立てる方策」 ※開催報告
     ■第4回(H27.11.4)【電気機械グループ】
       内 容:「知財担当者の育成(1)」 ※開催報告
     ■第5回(H27.11.9)【化学材料グループ】
       内 容:「出願か秘匿かの判断基準」 ※開催報告
     ■第6回(H28.1.12)【電気機械グループ】
       内 容:「知財担当者の育成(2)」 ※開催報告
     ■第7回(H28.1.18)【化学材料グループ】
       内 容:「技術者に対する知財教育」
     ■第8回(H28.3.7)【化学材料グループ】
       内 容:「技術者に対する知財教育」※開催報告
     ■第9回(H28.3.8)【電気機械グループ】
       内 容:「他社特許調査」 ※開催報告
     ■第10回(H28.5.16)【電気機械グループ】
       内 容:「職務発明制度」※開催報告
     ■第11回(H28.5.23)【化学材料グループ】
       内 容:「職務発明制度」※開催報告
     ■第12回(H28.7.19)【電気機械グループ】
       内 容:「職務発明制度(2)」※開催報告
     ■第13回(H28.7.20)【化学材料グループ】
       内 容:「職務発明制度(2)」※開催報告
     ■第14回(H28.9.5)【電気機械グループ】
       内 容:「外国出願」※開催報告
     ■第15回(H28.9.29)【化学材料グループ】
       内 容:「海外(特にアセアン地域)におけるビジネス・知財保護の実態」※開催報告
     ■第16回(H28.11.15)【化学材料グループ】
       内 容:「特許事務所との付き合い方」※開催報告
     ■第17回(H28.11.16)【電気機械グループ】
       内 容:「特許事務所との付き合い方」※開催報告
     ■第18回(H29.1.16)【電気機械グループ】
       内 容:「フリーテーマ:知財に関する悩み事」※開催報告
     ■第19回(H29.1.17)【化学材料グループ】
       内 容:「フリーテーマ:知財に関する悩み事」※開催報告
     ■第20回(H29.3.16)【電気機械グループ・化学材料グループ合同】
       内 容:「知財に基づく経営戦略:MPDP理論を駆使して」※開催報告


  • 【第3期会員交流会開催一覧】(電気機械G:14社・化学材料G:10社)
    ※終了しました
     ■第1回(H25.7.9)【電気機械グループ・化学材料グループ合同】
       内 容:「知財を担当される皆さんへ」・参加者自己紹介  ※開催報告
     ■第2回(H25.7.23)【電気機械グループ・化学材料グループ合同】
       内 容:「職務発明の対価請求訴訟に見る知財価値評価方法」 ※開催報告
     ■第3回(H25.8.21)【化学材料グループ】
       内 容:「被疑侵害品の取り扱い」 ※開催報告
     ■第4回(H25.9.19)【電気機械グループ】
       内 容:「紛争関連・・・無効審判、訴訟、仲裁・調停について」 ※開催報告
     ■第5回(H25.10.9)【化学材料グループ】
       内 容:「知的財産に関する各社の社員(上司含め)の教育」 ※開催報告
     ■第6回(H25.11.21)【電気機械グループ】
       内 容:「中国知財対策について」 ※開催報告
     ■第7回(H25.12.11)【化学材料グループ】
       内 容:「化学分野における中国実用新案制度の活用法」 ※開催報告
     ■第8回(H26.1.16)【電気機械グループ】
       内 容:「米国知財対策について」※開催報告
     ■第9回(H26.2.12)【化学材料グループ】
       内 容:「他社特許監視体制」※開催報告
     ■第10回(H26.3.20)【電気機械グループ】
       内 容:「社内における知財教育(経営者を含む)」 ※開催報告
     ■第11回(H26.4.9)【化学材料グループ】
       内 容:「各社における、知財活動に寄与した社員への(現状の)報奨規定と、将来のあるべき姿」※開催報告
     ■第12回(H26.5.21)【電気機械グループ】
       内 容:「各社における、知財活動に寄与した社員への(現状の)報奨規定と、将来のあるべき姿」※開催報告
     ■第13回(H26.6.11)【化学材料グループ】
       内 容:「ノウハウの先使用権と戦術に関して」※開催報告
     ■第14回(H26.7.16)【電気機械グループ】
       内 容:「商標業務についての現状と課題」※開催報告
     ■第15回(H26.8.20)【化学材料グループ】
       内 容:「知財業務の工夫と改善」※開催報告
     ■第16回(H26.9.12)【電気機械グループ】
       内 容:「意匠業務についての現状と課題」※開催報告
     ■第17回(H26.10.22)【化学材料グループ】
       内 容:「出願、中間手続及び年金管理に関する書類の評価基準・管理について(失敗談とその対策等)」※開催報告
     ■第18回(H26.11.19)【電気機械グループ】
       内 容:「TRIZ(発明的問題解決理論)の紹介」
    「特許調査の実情(1件当りの時間、海外の調査等)」※開催報告
     ■第19回(H26.12.10)【化学材料グループ】
       内 容:「翻訳や海外展開での課題(苦労していること)」※開催報告
     ■第20回(H27.1.14)【電気機械グループ】
       内 容:「出願届出・譲渡証・外国出願問合せ・審査請求問合せ・維持年金問合せ等の発明部門や社内に問合せ等をする際に用いられている帳票の紹介」※開催報告
    ■第21回(H27.3.11)【電気機械グループ・化学材料グループ合同】
      内 容:「異議申立制度」「最新の中国知財訴訟:非常停止スイッチ事件」※開催報告

  • 2.中小企業と弁理士との出会いの会
     会員サービスの一環として、新しい事業を始める際に弁理士の情報を必要としているる会員企業を対象に、弁理士からのプレゼンテーションと懇親の場を提供することで直接弁理士を選ぶ機会を得ていただくことを目的として、日本弁理士会近畿支部の協力のもと開催しています。

  •  ■第2回(H26.11.26) 開催報告 ※参加弁理士名簿
  •  ■第1回(H25.12.26) 開催報告